2021年11月13日

カジャタチの勧め:忍者も十一之太刀・鳳蝶が使える。

忍者も実用レベルで十一之太刀・鳳蝶が使えます。
現在様々な高性能装備が実装されたことにより、C 程度の武器スキルであっても実用レベルで使いこなせることができる時代になっています。

忍者のアタッカー性能は低めに抑えられていますが、その火力が低くなる原因の一つとして攻撃力を確保することが困難であることだと思います。とくに支援が十分に得られにくい戦闘では、更に火力低下が目立ちます。
有効性に関してはパーティ構成にもよりますが、その火力低下を少しでも解消させるための手段がカジャタチによる十一之太刀・鳳蝶というわけです。

忍者の両手刀スキルはC-ですが、忍者は物理命中アップ装備が充実していることと、カジャタチという簡単に作れてしまう両手刀を装備することができるため、実用レベルで十一之太刀・鳳蝶をうつことができます。カジャタチは物理命中と魔法命中どちらもかなりブーストされます。
さらに、現在ニャメ装束、ムパカ装束などによって物理命中と魔法命中の両者を同時に上昇させることが簡単になりました。

今月のアンバス1章は、忍者構成が結構有効で、好んで忍者を募集していますが、十一之太刀・鳳蝶を準備していない方が意外と多いなと実感しています。

上位にあたる八文字へ強化するのは敷居が高いと思いますが、カジャタチまでなら簡単に作れてしまうので、忍者ができる人は是非つくっておくことをお勧めする一品です。
posted by Jinko at 12:18| Comment(0) | 忍者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください