2021年09月29日

2021年9月27日 魔導剣士 盾兼アタッカー装備 および盾専念時の装備

一部のコンテンツでは、魔導剣士が攻撃参加することが非常に有用な時があります。
しかし、以前までは攻撃参加するとどうしても魔回避や最大HPなどが大幅に低下することが問題でした。さらに、ウェポンスキルを打つ時はダメージカットも不足しがちになっていました。
盾兼アタッカー仕様にしても、「高い魔回避と十分な最大HPを維持し、ダメージカットなどの物理and魔法防御性能などを低下させず、かつアタッカーとしての性能も高水準にする」、といったことを以前から夢見ていました。

ニャメ装束が実装され、そのオグメ性能がはっきりしたとき、迷わず私はすべての部位を type A にすると決めました。
それは、上記の夢見ていたことが実現できると思ったからです。
そして、最近やっとこさニャメ装束5部位すべて type A rank 20 を達成でき、盾兼アタッカー装備を大幅更新しました。

実際の使用感として、本当に素晴らしいと実感しています。
ウェポンスキル装備へ着替えてもダメージカット、魔回避、物理防御力がほとんど低下しないため、安心して行動がとれることや、ヘイトキャンセルしてくる敵であっても、与ダメヘイトでタゲが取りやすくなりました。
完全なアタッカー仕様の装備にくらべるともちろん与ダメは減少しますが、盾ジョブがアタッカーをするにしては十分すぎるくらいの性能が発揮できていると思います。
複数の敵を同時にヘイトを稼ぐ必要がないのであれば、状況によってはサポートジョブは侍でもよさそうです。
サポートジョブは青魔道士を想定したものです。
【青魔法セット】
ブランクゲイズ、ガイストウォール、シープソング、コクーン、いやしの風、ジェタチュラ、リフュエリング、ヘルダイブ、ワイルドカロット、花粉、種まき

【チャチャルンの応援:緑ワイバーン】
 ・STR+4 DEX+4
 ・ヘイスト+1%(装備枠)
 ・取得キャパシティポイントボーナス+6%
 ・フェイス:ダブルアタック+5%

1) 通常装備


メインウェポン:エピオラトリー
サブウェポン:コーンスー
矢弾:オゲルミルオーブ+1
頭:ニャメヘルム Type A
首:フサルクトルク+2
左耳:シェリダピアス
右耳:デディションピアス
胴:ニャメメイル Type A
両手:ニャメガントレ Type A
左手の指:エポナリング
右手の指:ニックマドゥリング
背:オーグマケープ(DEX+30 命中+20 攻+20 ストアTP+10 被物理ダメージ -10%)
腰:セールフィベルト+1
両脚:ニャメフランチャ Type A
両足:ニャメソルレット Type A

最大HP:2609
魔回避+704、魔法防御+29、防御力1354、攻撃力1253、物理命中1302
被ダメージ -51%、被物理ダメージ -10%、被物理ダメージII -25%
敵対心+58 (クルセード込み)
ストアTP+74
ダブルアタック+33% (ストライ込み)、トリプルアタック+5%、クワッドアタック+3%

2) 敵対心上昇装備


メインウェポン:エピオラトリー
サブウェポン:コーンスー
矢弾:ストンチタスラム+1
頭:ニャメヘルム Type A
首:フサルクトルク+2
左耳:クリプティクピアス
右耳:無知の耳
胴:ニャメメイル Type A
両手:ニャメガントレ Type A
左手の指:VCリング+1
右手の指:アイワツリング
背:オーグマケープ (HP+80 魔回避+20 敵対心+10 被物理ダメージ -10%)
腰:エングレイブベルト
両脚:ERレグガード+1
両足:アホシレギンス

最大HP:2715
魔回避+638 (+全耐性+35、耐闇と耐光はさらに+10)、魔法防御+28、防御力1209
被ダメージ -47%、被物理ダメージ -21%、被物理ダメージII -25%
敵対心+100 (クルセード込み)

以前までは盾専念時の通常装備としていたものを敵対心上昇装備として利用します。胴だけRNコート+3 から ニャメメイル Type A へ変更しています。

3) 強化魔法スキル上昇装備


メインウェポン:エピオラトリー
サブウェポン:コーンスー
矢弾:ストンチタスラム+1
頭:ニャメヘルム Type A
首:フサルクトルク+2
左耳:ミミルピアス
右耳:エアバニピアス
胴:ニャメメイル Type A
両手:RNミトン+3
左手の指:VCリング+1
右手の指:スティキニリング+1
背:オーグマケープ (HP+80 魔回避+20 敵対心+10 被物理ダメージ -10%)
腰:オリンポスサッシュ
両脚:カマインクウィス+1 Type A
両足:ニャメソルレット Type A

強化魔法スキル 500
最大HP:2744
魔回避+617、魔法防御+25、防御力1263
被ダメージ -47%、被物理ダメージ -13%、被物理ダメージII -25%

4) ファランクス装備


メインウェポン:エピオラトリー
サブウェポン:コーンスー
矢弾:ストンチタスラム+1
頭:FUバンド+3
首:フサルクトルク+2
左耳:トゥイストピアス
右耳:オノワイヤリング+1
胴:ヘルクリアベスト (被ファランクス+5)
両手:ヘルクリアグローブ (被ファランクス+5)
左手の指:月光の指輪
右手の指:守りの指輪
背:オーグマケープ (HP+80 魔回避+20 敵対心+10 被物理ダメージ -10%)
腰:オドンブラサッシュ
両脚:ヘルクリアトラウザ (被ファランクス+5)
両足:ヘルクリアブーツ (被ファランクス+5)

最大HP:2743
魔回避+385、魔法防御+22、防御力1139
被ダメージ -34%、被物理ダメージ -26%、被物理ダメージII -25%

ヘルクリア装備の部位はすべてテーオン装備 (各部位被ファランクス+3) でも問題ないと思います。その際は、被物理ダメージ-20% となります。
ファランクス効果アップ装備時は魔回避が大幅に低下します。しかし、ファランクス効果アップ装備の恩恵は絶大ですので魔回避が低下することは許容範囲と思います。

エンボルド時は、
背:ディバートケープ(エンボルド+15)
へ着替えます。

5) 詠唱中断防止装備


メインウェポン:エピオラトリー
サブウェポン:コーンスー
矢弾:ストンチタスラム+1
頭:アグゥキャップ
首:月光の首飾り
左耳:磁界の耳
右耳:ハラサズピアス
胴:ニャメメイル Type A
両手:ローハイドグローブ Type B
左手の指:VCリング+1
右手の指:守りの指輪
背:月光の羽衣
腰:オドンブラサッシュ
両脚:カマインクウィス+1 Type A
両足:ニャメソルレット Type A

メリットポイント:詠唱中断率 10% ダウン

最大HP:2771 、詠唱中断率 -104%
魔回避+528、魔法防御+25、防御力1204
被ダメージ -49%、被物理ダメージ -4%、被物理ダメージII -25%
敵対心+60 (クルセード込み)

6) ウェポンスキル装備


デミディエーション
通常装備から、
右耳:胡蝶のイヤリング(TP+250)
矢弾:ノブキエリ
背:オーグマケープ (DEX+30 命中+20 攻+20 ウェポンスキルダメージ+10% 被物理ダメージ -10%)

へ変更します。
物理ダメージ上限+28%、連携ボーナス+12、敵対心+58 (クルセード込み)

レゾルーション
通常装備から、
右耳:胡蝶のイヤリング(TP+250)
腰:フォシャベルト
背:オーグマケープ (STR+30 命中+20 攻+20 ダブルアタック+10% 被物理ダメージ-10%)

へ変更します。
物理ダメージ上限+28%、連携ボーナス+12、敵対心+58 (クルセード込み)

7) 準備すべきオーグマケープおよび収納場所


● モグワードローブ1へ収納
オーグマケープ (DEX+30 命中+20 攻+20 ストアTP+10 被物理ダメージ -10%)
オーグマケープ (HP+80 魔回避+20 敵対心+10 被物理ダメージ -10%)

● モグワードローブ2へ収納
オーグマケープ (HP+80 ファストキャスト+10% 魔回避+20 被物理ダメージ -10%)

● モグワードローブ3へ収納
オーグマケープ (DEX+30 命中+20 攻+20 ウェポンスキルダメージ+10% 被物理ダメージ -10%)

● モグワードローブ4へ収納
オーグマケープ (STR+30 命中+20 攻+20 ダブルアタック+10% 被物理ダメージ-10%)

ランジやスワイプ用に魔攻アップオグメを付けたオーグマケープを作成したときは、モグワードローブ1へ収納し、ランジ/スワイプ用の装備セットを作る必要があります。

8) 準備する必要がある装備セット


上記、1) 2) 3) 4) 5)の装備セットに加えて、ヴァレション/ヴァリエンスの装備セットが必要になります。

ヴァレション/ヴァリエンス装備は、通常装備から
胴:RNコート+3
脚:FUトラウザ+3

へ変更します。

ヴァレション/ヴァリエンスの装備セットは一見必要なさそうに思えますが、敵対心装備セットを利用して6行でHPが下がらないように着替えることが困難です。

9) マクロの作り方



1) 敵対行動マクロ

bandicam 2021-09-28 22-03-37-022.jpg
リエモンは効果時間上昇装備は必要ないと思います。重要な敵対心上昇用アビリティとして使っています。
2) 強化魔法マクロ

bandicam 2021-09-29 16-21-02-661.jpg
アクアベールは強化スキル500へブーストすることによって詠唱中断を3回防ぐことが出来ます。
サポートジョブが侍で八双を併用するときは、ストライはwait2 アクアベールは wait3 になります。
3) ファランクスマクロ

bandicam 2021-09-29 15-57-38-853.jpg
ファストキャスト 74% ですが、これは妥協しています。
サポートジョブが侍で八双を併用するときは、wait2 になります。
4) 詠唱中断防止マクロ

bandicam 2021-09-29 16-32-49-955.jpg
詠唱中断防止装備を使ったマクロは、ガイストウォール、シープソング、ストンスキン、いやしの風だけで良いと思います。サポートジョブがナイトの時は、バニシュガの詠唱中断防止マクロを作るとよいでしょう。
ガイストウォールとシープソングの詠唱時がwait3 になっているのはヴァレション/ヴァリエンス無しの時にも使用することがあるためです。
また、ガイストウォール、シープソングのこのマクロはファストキャストが74% になっていますが、6行しかないので妥協せざるを得ません。
いやしの風のマクロはHPが少し低下しますが、いやしの風による回復効果でもとのHPにもどるため、あえてこのようなマクロにしています。
サポートジョブが侍で八双を併用するとき、ストンスキンはwait3になります。
詠唱中断防止装備は魔回避が大幅に低下するため、常時併用は禁物です。本当に必要な時のみ使用するようにしています。

10) 盾専念時のマクロの作り方


上記目次1) で紹介した通常装備を盾専念時の通常装備に置き換えるだけで良いです。

盾専念時の通常装備は下記のとおりです。

メインウェポン:エピオラトリー
サブウェポン:コーンスー
矢弾:ホミリアリ
頭:ニャメヘルム Type A
首:フサルクトルク+2
左耳:驕慢の耳
右耳:エアバニピアス
胴:ニャメメイル Type A
両手:ニャメガントレ Type A
左手の指:VCリング+1
右手の指:スティキニリング+1
背:オーグマケープ(HP+80 ファストキャスト+10% 魔回避+20 被物理ダメージ -10%)
腰:エングレイブベルト
両脚:ニャメフランチャ Type A
両足:ニャメソルレット Type A

最大HP:2734
魔回避+738 (+全耐性+20、耐闇と耐光はさらに+10)、魔法防御+33、防御力1341
被ダメージ -58%、被物理ダメージ -10%、被物理ダメージII -25%
敵対心+58 (クルセード込み)

魔導剣士は基本的に被ダメをほとんど無くすことが前提なので、被ダメによる敵対心低下はあまり考えなくてよいと思います。
ニャメ装束は防御性能が極めて高いため、被ダメによる敵対心低下のリスクを補って余るくらいだとおもいます。
通常装備のオーグマケープをファストキャストオグメが付いたものにすることで、上記で紹介した一部のマクロのファストキャスト不足が解消されます。
今まで使っていた通常装備(魔回避、敵対心、ダメージカット、最大HPをバランスよく考えた装備)は敵対心上昇用の着替え装備として利用しています。
posted by Jinko at 17:04| Comment(0) | 魔導剣士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください