2021年07月17日

2021年7月アンバスケード1章とてむず サハギン族 攻略

やっとこさ安定した戦い方の1例がわかりました。
前回でいろいろ仮説をたて、それを実践しようと試みようとおもったところ、ちょうど同じような考えをもってくれてた主催様にスカウトされまして、一緒に討伐してきました。

【構成】

戦、戦、コ、学、詩、風

~~~追記~~~
戦闘時間は6~7分


【攻略のポイント】
基本的に「むずかしい」のときと同じようなながれになりますが、いくつかポイントがあります。


入口付近でララバイで寝かす。

→ 頭足を真ん中までひっぱり戦闘開始。

→ 倒す順番は

①頭足→モンク→モンク
②頭足→モンク→モンク
③頭足→竜騎士

8匹で討伐完了となります。

● ヴィルレー対策と、サハギンのレベルアップ問題の解決方法
「とてむず」において、サイレスなしで討伐不可能な理由は、ボスがヴィルレーをつかってくるからです。
なので、サイレスが必須となるわけですが、サイレス中、雑魚サハギンは特殊技を使うたびにどんどんレベルがあがってきます。
そこで最大の問題点は、命中率です。5回くらいレベル上がるとどれだけ命中強化しても全くあたらなくなり、その時点で討伐不可能となります。
開幕からサイレスをいれると、上記①まではレベルあがっても問題なくたおせます。しかし上記②のサハギンになるとレベルがあがりすぎて討伐不可能になります。
よって、サイレスをどのタイミングでいれるかが極めて重要なポイントになります。
では、どこでサイレスをいれるのかですが、そのためにはどこでヴィルレーがくるのかを知っておく必要があります。

いまのところほぼ確定的なギミックは:
「ソウルボイス後の呪歌」に関すること
●1週目はヴィルレーがこない
●2週目以降は、最後の呪歌がかならずヴィルレーになる

~~~追記~~~
1週目でヴィルレーがこないのではなくて、
特定の条件で1週目でヴィルレーくることが確認されたようです。
ヴィルレーの発動条件にボスのHPも影響するようです。

おそらく、敵を倒すのが速すぎると、1週目のソウルボイスでヴィルレーがくるのかもしれません。
(一般的な火力では、あまり気にしないでよさそうな要素なのかもしれません)



ボスは、ソウルボイス発動後、マンボ、メヌエット、マーチ、カロル、フィナーレ、スレノディ、レクイエムの順で呪歌を詠唱します。
しかし、2週目以降のソウルボイス以後の呪歌は レクイエムのところがヴィルレーになります。
敵の強化のかかりかたで多少呪歌の順番がかわるようですが、フィナーレ→スレノディ→ヴィルレーの順番は変わることはないです。

よって、サイレスをいれるタイミングは2週目ソウルボイス後の、フィナーレが見えたあたりでうつのがベストと考えられます。
通常の火力であれば、だいたい、上記①を討伐し、②のタコがリポップするかどうかくらいのタイミングになることがおおいです。

サイレスいれてから約45秒後に、ボスはバブルクレンズを使って、すべての状態異常を回復させ、またソウルボイス~のセットが再開されます。放置するとかならずヴィルレーがきますので、しっかりサイレスを維持していきます。

ここでもう一個問題点が発生するのですが、2週目ソウルボイス以後はサイレスを維持していくと、上記②までの敵は討伐可能となります。
しかし、その後リポップするモンクサハギンはレベルがあがりすぎて討伐が非常に困難になります。つまり雑魚8匹中7匹まで倒せるけど、最後の雑魚8匹目に該当するモンクサハギンを倒しにくくなります。

ここでの解決方法が上記③です。
ボス周辺で戦っている雑魚サハギンがいくらレベルあがっても、遠くでずっと眠っているサハギンはレベルがあがりません。なので、リポップするモンクサハギンは寝かして放置し、8匹目の雑魚は竜騎士サハギンを選ぶことで問題が解決します。

【戦闘のながれ】
戦士が、ブラッドレイジで入口付近まで雑魚をひっぱる。

ナイトルララバイで雑魚を寝かす。頭足は寝ないので、戦士が挑発して真ん中までひっぱる。

頭足を倒しおわる直前で、詩または学者がディア2でモンクサハギンを放流する 。モンクサハギンを倒しおわる直前で、もう一匹のモンクサハギンをディア2で放流する。

倒す順番は、
①頭足→モンク→モンク
②頭足→モンク→モンク 
頭足がリポップする前後くらいで、だいたい2週目ソウルボイス後の呪歌がフィナーレくらいまですすんでいます
③頭足→竜騎士


ボスにあらかじめ弱体魔法をいれ「ボスの歌いづらさは計り知れない。」の状態にしておき、2週目ソウルボイス後のフィナーレがみえたらサイレスをうつ。以後、サイレスを維持していく。


【各ジョブについて】
● アタッカージョブ
戦、戦、コ 以外の構成は考えにくいです。
戦士は、シャンゴル+サクパタ装束が推奨されます。ただし、サクパタ装束はオグメなくても問題ないと思います。

サクパタ装束はほんと優秀すぎますね~ 
食事は命中率があがる食事が良いと思います。

● 風水士
敵の強化を消すためディスペル、ディスペガをする。
ボスへ弱体魔法とサイレスをいれるのを担当する。

グローリーブレイズ併用でジオウィルトをボスへ置く。(サークルエンリッチは併用してもいみがないので使わないように)
インデはフレイル、エントラはフューリー。

● 学者
範囲エンサンダー、ファランクス、バサンダ、リジェネを行います。
上記のジオウィルト+ファランクスをすると、ほとんど被物理ダメージをくらわなくなります。
~~~追記~~~
風水士だけではボスへ弱体魔法をいれていくのは難しいので、学者も弱体魔法をボスへうちます。

● 詩人
歌は、
前衛:マド、マド、栄光、栄典
後衛:バラ、耐電カロル1章、栄光、栄典

~~~追記~~~
(命中がきつい時は、マド マド でも問題ないとおもいます。カロルはおまけくらいで考えて大丈夫です。)


ディア2で放流する役目をします。
殴りに参加する時は、学者にディア2をやってもらいます。

● コルセア
ロールは、サムライ、カオス。
ディア2 後、ライトショットをします。
サポ忍でサベッジブレードをうちます。
カット装備をしっかりしないと死亡事故が発生すると思います。

【攻防比に関して】
インデフレイル ディア2 ライトショット カオスロール 栄典 で攻防比は問題ないと思います。
アーマーブレイクは必要ないと思います。
【アンバスケードの最新記事】
posted by Jinko at 01:49| Comment(0) | アンバスケード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください