2021年05月16日

2021年5月アンバスケード1章とてむず マムージャ(魔)

マムージャ(魔)は、赤魔道士の腕しだいって感じですね~。
構成は、ナイト、前、コルセア、赤魔道士、吟遊詩人、召喚士が安定すると思います。
盾なしの戦術もあり、たしかに戦闘時間は短縮されますが事故が目立ちます。これは固定PTまたは半固定PTを組まないと安定しないでしょうね~。

【ギミック】
ギミックに関しては色々なサイトで詳しく書かれているので省略。

サイレスをしないで、後半の精霊魔法による大ダメージはスケルツォ+大地の鎧で対応する作戦が簡単でよいと思います。

【各ジョブに関して】
● ナイト
脱衣させられることや、敵の攻撃のほとんどが精霊魔法攻撃なので、ブルトガングの必要性は殆どありませんが、脱衣させられるとはいえ盾はイージスがおすすめです。サポートジョブは何でもいいと思いますが、わたしはシンプルなサポ戦士にしています。タゲ固定および、マジェスティケアルをして盾兼ヒーラーといった立ち回りになります。
最大HPが大幅にかわるような着替えを行うと、スケルツォ、大地の鎧の恩恵を受けにくくなるため注意が必要と思います。

開幕、赤魔道士のスリプガで開始するか、ナイトが先に突撃してからスリプガするかは迷う所だと思います。スリプガを先にすると敵の位置がバラけてしまうため、私はナイトが先に突撃してヘイトをとることをお勧めします。

● 前衛
火力があればどのようなジョブでも倒すことはできると思いますが、敵は個体によってさまざまな属性ダメージ吸収があるため、連携が発生するような前衛の組み合わせだと煩雑になります。
サベッジブレードを打てるジョブ構成が楽になりますが、そのため、前衛ジョブは戦士、竜騎士がおすすめジョブとなります。
装備に関しては、戦士はTwo Man Cell さんのHP, 竜騎士は以前述べたとおりのものでいいとおもいます。

倒す順番は事前にきっちり決めておいたほうが赤魔道士的にも立ち回りがしやすくなるため、わたしは向かって左手前の敵から時計回りにたおしていくように決めています。

片手武器の必要命中は約1390のようです。

● 吟遊詩人
吟遊詩人もサベッジブレードで攻撃参加します。
詩人にはフェンサーがあるため、サポ忍にこだわる必要はないかなと思います。
歌は、マド、メヌ5、栄典、スケ がよさそうです。マドのところをメヌ4でもいいとおもいますが、そうすると赤魔道士がディストラをしなければいけない手間が増えます。なので、ディストラを省くためマドにして、ディア3をきっちり入れてもらった方が攻防比的にはメリットが大きいのではないかと思います。

今回の敵は防御力が低めに設定されているという実感があります。なので、メヌ1個程度の差はあまり問題にならないと思います。


● コルセア
コルセアもサベッジブレードで攻撃参加します。
ロールは、サムライ、カオスいいと思います。

● 召喚士
サポートジョブは白魔道士になります。
開幕、クリスタルブレシング、ヘイスガ2、大地の鎧をします。PTに戦士がいるときは、紅蓮の咆哮は意味があまりないので省きます。
注意点は、召喚獣を戦闘中だしっぱなしにすると、召喚獣が勝手に敵を攻撃して、スリプルを解除させてしまうことです。
基本的には、召喚獣は帰還させて、ケアル4、ケアルガ2、イレースで支援、回復に専念した方がよさそうです。

大地の鎧を何度もかけなおしている方が稀ではなくいらっしゃいます。大地の鎧はスケルツォ同様大ダメージをうけても消えることはありません。ディスペルとかをくらわない限り、効果時間中はずっと消えることなく持続します。

● 赤魔道士
サポ―トジョブは黒魔道士ほぼ一択です。
最低限必要な魔法は、スリプガ、アドル2、ディア3、パライズ2 です。攻撃陣の命中率によってはディストラ3も準備しましょう。

ナイトが突撃した直後にスリプガをするわけですが、一定の確率で必ずレジストが発生します。

ここでよく見かけることですが、寝かした敵をスリプル2で上書きする傾向にあります。
戦闘終了までの時間、および現在の赤魔道士の弱体魔法効果時間延長効果を考えると、スリプガの睡眠効果時間も十分に長く、スリプル2の優先順位は低くなります。

スリプガ>アドル2>スリプガ>ディア3>スリプガ>パライズ2>以下略、

といった感じで、他の弱体魔法をうつ合間にとりあえずターゲットを気にせずスリプガをうっていき、
スリプガを打ったあとにレジスト表記がなくなったら敵全体が寝たことになりますので、そこでスリプガを打つことを終了します。

その後、アドル2, パライズ2、ディア3 に専念し、余裕があったときに、スリプル2で上書きしておく、という感じでやるとうまくいきやすいと思います。

敵を倒す順番が順不同になると、弱体魔法をかけていく敵の優先順位がわかりにくくなるため、
主催が敵を倒す順番を指定しなかったときは、赤魔道士担当のかたは一度主催と相談してみましょう。








【アンバスケードの最新記事】
posted by Jinko at 16:44| Comment(0) | アンバスケード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください